ライトノベル読みのおすすめとかまとめ。 | 『2chまとめ』 ラノベと一般小説の違いって?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『2chまとめ』 ラノベと一般小説の違いって?

2chライトノベル板から抜粋!



1:イラストに騙された名無しさん[]:2011/01/18(火) 12:02:41 ID:HMAF9EPZ
個人的に思うことをそれぞれ書いていけ


7:イラストに騙された名無しさん[age]:2011/01/18(火) 19:31:24 ID:JI4jJtTQ
違い
一般小説は「萌え」や「美少女」や「ファンタジー」などの漫画やアニメ発祥のキーワードが
あまりない。文章力や地の文の良は双方千差万別。決定的な違いは
一般小説は執筆の際に、現実の光景や現実の人間を想像しながら書き、SFやファンタジーであっても
ハリウッド映画的な場面を想定して書いてる。
対してラノベは設定や演出、キャラクターを書いている時、現実の光景や人間ではなく、
アニメや漫画的な光景や演出、キャラクター自体もアニメ絵を想像して書いている。


23:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/20(木) 02:51:51 ID:fIXv+Pxh
>>7のように、一般小説とラノベでは、同じ内容を書くにしても、表現の仕方が決定的に違う

一般小説
突然、教室の扉が大きな音をたてて開かれた。
「あなたたち、静かにしなさい。騒がしくするなら課題を増やしますよ」
担任の山下花子は生徒たちをきつく見据えると、教室内は静まりかえった。
そして、やや呆れた表情で、その中の中心人物、田中宏に歩み寄った。

ラノベ
ドーン!爆音とともに教室の扉が蹴破られた。
「オマエら、静かにしろ。殺されたくなければな」
担任の蒼ヶ崎魍子は、その瞳に青く冷たい炎をメラメラと燃やし、教室内を南極もかくや
とばかりに凍りつかせた。
そしてジト目でビッグバンののような大騒ぎの元凶、田中彪真を見据え、その巨大な胸を
誇示するかのごとく威圧的に近づいた。

ラノベは漫画で多用されるような擬音語が見受けられ、キャラクターや情景描写も
漫画じみている。発言内容もオーバーでフィクション的。名前は一般的なものでない上、
通常変換では出て来ない漢字を組み合わせたものが多い。全体的にアニメや漫画に準ずる
情景描写や登場人物設定、心情描写が目立ち、「巨乳」や「美少女」などの萌え要素を
入れ込む。


24:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/20(木) 03:01:12 ID:dFHVkjUY
>>23
 要するに君は、「ラノベとは文字だけで描いた漫画である」と言ってるわけ?


25:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/20(木) 03:05:34 ID:fIXv+Pxh
>>24
うん。「漫画やアニメを文字だけにしたらこうなった」ってのがラノベの特徴だと
思う。


30:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/20(木) 22:36:03 ID:dFHVkjUY
>>25
 言ってる事は正しいと思うけど、「ラノベとは何か」という「定義」として考えると、
マンガやアニメという言葉に置き換える事で説明を先送りにしてる気がする。


9:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/18(火) 21:31:58 ID:mZ5/hhTT
ふむ


10:イラストに騙された名無しさん[]:2011/01/18(火) 23:08:33 ID:DP/EiGNq
スラスラと読み進められるように書かれているのがラノベ。
ただしコレは「理解しやすい」とイコールではない。
例えば説明不足や言い回しの不適切は、テンポ良くスラスラ読めるならラノベでは許容される。

一般小説の場合、スラスラ読めるかどうかは必ずしも重視されない。
基本的には、それよりも過不足の無い説明や言い回しの適切さが優先される。


11:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/18(火) 23:35:10 ID:mZ5/hhTT
詰まるところ、書き手がそう思ってなくても読者がラノベだと思ったら、それはもうラノベだ
俺にとって最大の傑作ラノベは帝都物語

と、滅茶苦茶なことを言ってみる


14:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/18(火) 23:51:15 ID:DP/EiGNq
>>11
 そういう、「受け手側が100%決定権を持ってる」式の定義って、なにかしらの定義を
論じ時(ロックとは何か?とか、スポーツカーとは何か?とか)に必ず言い出す人が
いるんだけど、オレはそれって違うと思う。

 たとえばの話、もしもアナタが作家だったとして出版社から「ラノベ書いてよ」という
注文を受けた場合に、「読者がラノベだと思えばそれはラノベだ」という理屈で何でも
好き勝手に書いてOKかと言えば、それは違うでしょ?

 やっぱりそこには、書き手と受け手の間に、「ラノベってのはこういうもんだ」という
何らかの共通認識があって、作り手も受け手も概ねその範囲内で動くもんなのよ。


15:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/19(水) 00:06:20 ID:0X5HNl7b
>>14
滅茶苦茶って自分で書いてるじゃん


17:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/19(水) 00:16:46 ID:oFRQVea8
>>15
こりゃスマンかった。


12:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/18(火) 23:36:33 ID:DPNgk0QO
ラノベって字がデカイんじゃなかったっけ


13:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/18(火) 23:42:19 ID:DP/EiGNq
>>12
そういう風に、本としての体裁で定義するのって違うでしょ。
例えば「夜明け前」を大きな字の版で刷ったらラノベになるのか?と考えると明らかに違うわけだし。
同様の理由で、「萌え系アニメ絵の表紙&挿絵があればラノベ」という定義も違うよね。


20:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/19(水) 22:25:05 ID:xKahrlqL
>>13
確かに「萌えアニメ絵の表紙・挿絵がある」というだけではすなわちラノベとは限らないわな。

例えば一時期『舞姫』『坊っちゃん』みたいな作品に漫画家の絵やアニメ風のセル画の表紙を
つけて出されていたが、この定義だと鴎外も漱石もラノベ書いてたことになる。


16:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/19(水) 00:14:54 ID:cwLZ+7/C
>>12
それは逆
一般文芸は老人でも読めるように文字を大きくしている
まあ児童文学も文字大きいが
中高生、高くても20・30代がターゲットのラノベは比較的文字が小さい


28:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/20(木) 21:08:36 ID:Y9uAb8kX
漫画の類似品だとは思うけど、ラノベと漫画は、またそれはそれで違う所はある。
絵がある分だけ漫画の方が上というわけではなく、
いちいち絵にしなくていい分だけ、ある意味ではラノベの方が自由なんじゃないのか?
単純な話が、『このシーンは絵にしたらつまらないだろうなぁ』なんて思うシーンも、
文章だけなら気にせず書けるわけだし。
それだけなく、『絵を書かなくていい』とう特徴は、かなり大きいはず。


31:イラストに騙された名無しさん[]:2011/01/21(金) 17:47:07 ID:Szr6Fake
要は今風のジュブナイルだろ


32:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/21(金) 18:54:41 ID:tpjckw7x
>>31
ぜんぜん違う
ロウティーン向け小説というよりは
小説を読まないアニオタ向け小説と言ったほうが適切


33:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/21(金) 18:58:07 ID:tpjckw7x
いや
想定読者はロウティーンではなくミドル~ハイティーンか
中高生の読解力で読めるように書かれたオタク向け小説かな
だから普段小説読まないオタクでも読めるってのが大きいよな


34:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/21(金) 20:21:46 ID:jtzkTS6Q
今のラノベはコミック誌で言うと少年誌にあたる
昔のラノベは(ソノラマとか)ヤング誌あたりではなかったかと思う
ダーティペアとか田中芳樹みたいに

時代によってジュブナイルあるいはティーンズの範囲は変わってきているみたいだし
今の小学生は読書感想文を書くとき以外に小説は読まないだろう
中学生になればアニメの原作としてのラノベにも手を出し
高校生ではヤング誌に行ってしまう
で、20代がいちばんラノベをよく読む世代
30代は本自体あまり読まなくなる(結婚した、仕事が忙しいとかの理由で)

以上俺の勝手な私見だが、本屋で立ち読みしている人間を観察すると大体そういう傾向か


37:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/21(金) 21:10:11 ID:jtzkTS6Q
図書館の分類ではラノベは「ヤングアダルト」となっているな
アダルトが20歳以上を示すのだろうからヤングが付くと10代かティーンズを指しているんだろうが、ものすごく分かりにくくイメージしにくい名称だ
図書館の子供向けコーナーにもコバルト文庫がおいてあったりしてもうなんかよく分からん

しかし図書館でラノベを手に取っているのが30代主婦が多いというのもなんだかなあ


38:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/21(金) 21:12:54 ID:Szr6Fake
>>37
その図書館で眉村卓とかはどんな分類になってるの


39:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/21(金) 21:16:44 ID:jtzkTS6Q
>>38
一般小説のコーナーだろう
青い鳥文庫で発刊されているものならヤングアダルトだろうけど


40:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/21(金) 21:22:14 ID:Szr6Fake
>>39
ふーん やっぱりラノベ読む層とは違うということなんだな


41:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/21(金) 21:38:30 ID:jtzkTS6Q
というよりも本の装丁でジャンル分けをしているみたいだ
ハードカバーと新書は一般小説
一般文庫は文庫
挿絵の多いティーンズ向け文庫はヤングアダルト
だから新書は明らかにティンーズ向けでも一般小説(大正野球娘。とか)


49:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/22(土) 20:23:58 ID:jrQhK+DI
中高生向けという建前で書かれてるオタク向け小説がラノベ


50:イラストに騙された名無しさん[]:2011/01/22(土) 20:58:04 ID:xN68aE+2
ラノベは隠しようもなく明白にオタク向けだろ
あくまで子供向けだった昔のジュブナイルとの違いはそこだな


52:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/22(土) 21:14:08 ID:jrQhK+DI
必要とされる読解力や想像力が中高生程度のそれらだから
萌えイラストを餌にした上で小説を読まないアニオタやエロゲオタに
受け入れられてるってことだよな。まあ何が違うのかと言ったら読者層
が違うってことだな


58:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/23(日) 14:18:50 ID:hjDxnjJ5
ラノベは主人公やヒロインにフォーカスした小説。
ストーリーやテーマが秀逸であるに越したことは無いが、
あくまで登場人物を引き立てる為の舞台であって、登場人物より前にでちゃダメ。


59:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/23(日) 19:26:32 ID:1ti/Ipad
>>58
キャラが立ってる、ってことかな
確かにそういう部分はアニメと共通してる

あと、ラノベは救いようの無い悲惨な目に会う登場人物とか
暗くてどうしようもない場面が延々続いたりはしないね
ちょっと暗くなってもすぐイチャイチャとか夢のある話に切り替わる
そういう所もラノベとして若い人に配慮してる所かな?


60:イラストに騙された名無しさん[]:2011/01/23(日) 19:48:24 ID:SfKemx/6
悲惨な目に遭う奴や暗い場面の頻度は、一般小説もラノベも変わらんだろ
一体どんな小説を「一般小説」として想定してるのか知らんが


61:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/23(日) 19:51:40 ID:CX1o1owf
昔のジュブナイルとかヤングアダルトはなんとなくジメッとしている
ラノベはなんかカラッとしてる


62:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/23(日) 21:00:28 ID:EHa1t4IV
芸術なんてのは、脳内イメージを絵や音楽や文章で表現するわけだが、
その脳内イメージが、マンガ的やアニメ的で、それを文章で表現したのがラノベ

異論はみとめる…というか異論ばかりだろうが。


63:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/23(日) 21:35:55 ID:TyF09huG
そんなもんだろ。ラノベは基本的にガキ向けなんだから
メインキャラを大層酷い目にあわせたらキャラが可哀想!って感想が大量に届いて
それ以来キャラを過保護にするようになったと誰だか忘れたけど言ってたな


67:イラストに騙された名無しさん[]:2011/01/25(火) 19:10:11 ID:BhGqMTjj
>>63
読者が「主要登場人物は暗黙の内に保護される」事を求める傾向は、ラノベも一般小説も変わらんだろ

たとえば、もし『剣客商売』で秋山親子が悪漢に襲われて不具になったら、大半の読者は怒るでしょ


64:うさだ萌え ◆/VI3Om9yUdf/ []:2011/01/23(日) 22:05:07 ID:RqwSm4do
主人公が、ヒロイン及びサブヒロインを喰うか喰わないかだろ。ハゲっが。

もっと言ってしまえば、メインヒロインはDV(加害者)なのが、ライトノベル。
違うのが一般小説。

ライトノベルといゆーっか、漫画等も含めてメインヒロインは粗野で口よりも先に手が出る
手の付けられない生まれが高貴とかそんなのを一蹴する本能DQNで、それを選ばないといけない。

っという世界の歪みがライトノベル及び漫画アニメ。

一般小説にそんな縛りはない。っが、無駄に高尚ぶってるのが一般小説。いずれ廃れる。


65:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/01/23(日) 22:33:19 ID:YeGbFU+2
ハルヒ
スニーカー版:輪姦
つばさ文庫版:いたずら
と置き換えてあった

スニーカーのほうが一般小説っぽい


78:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/02/01(火) 08:41:27 ID:2iGG4Rsg
よく、ラノベの文章やストーリーの稚拙さ指摘されたら、
ラノベは娯楽なんだから文学みたいに堅苦しいことは~
とかほざく馬鹿がいるが、隆慶はまさしく娯楽ど真ん中で
こんだけのもん書いてんだよな。

娯楽ってのは稚拙の免罪符じゃねーんだぞ。
お前らいっぺん隆慶の墓の前で焼き土下座してこいと。


85:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/02/04(金) 04:00:26 ID:Bn9lZw8o
>>78
文章やストーリーが、お前の言う「本当の娯楽作品」から見て稚拙だったところで、
それが娯楽として需要がないもの・価値がないものかは別の話だろう。
読者層に合わせて読みやすくしてようが、こういうものしか書けないからそれを書いてようが、
評価するのは「それを必要とする読者」であって、「必要としない批評家」の言葉なんぞ無に等しい。
娯楽なんだから巧拙争うわけじゃねーし、
読んでるヤツが作品として楽しんでるなら、それは娯楽以外の何者でもない。
そもそも稚拙の免罪符って言葉が出てくる意味がわからん。(作家がそういってるのなら別だが)


86:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/02/04(金) 04:02:29 ID:Bn9lZw8o
文章の違いにしても、一般小説にだって「こんなんラノベ以下じゃねーか」みたいなのがないわけじゃないし、
筆力で上下関係にあるわけでもない気がするなぁ。
確かに筆力ある作家は脱ラノベしたがるし(人によってはラノベ書いてた過去隠したり)、
脱ラノベして一般に行くことを出世みたいな評価する人もいるが、
読者側からすりゃカテゴリエラーで押し出された以外の何者でもないし。

結局何がラノベで何が一般かってのは、単品や作家で見ちゃうと答えでないと思う。
レーベルとして捉えた時に、そのラインナップでどういう売り方してるかとか、
そこから見えてくる読者の違い測った方が、わかりやすいし建設的な気がする。


88:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/02/06(日) 02:24:45 ID:lw0hYsMi
個人的には、ラノベは女の子を大事にしているって印象がある
チャームポイントや見せ場は、サブヒロインでもきちんと描写されてる
ちょっとしたモブキャラでも後々再登場してヒロイン昇格とかもあるしね
もちろん殺されたり、主人公に振られたり不遇な扱いを受ける時もあるけど、
そういったストーリーに関係している場面はともかく、それ以外の日常風景では
そのキャラのいいところを見せてくれようとしているってのは感じる
ラノベがハーレム状態になりやすいのもそういうのがあると思う
挿絵がある場合が多いのも女の子を重要視しているからじゃないかな
つまるところ、オタク向けってことだろうけどねw

文体に関しては、ラノベの特徴としては弱いと思う
ラノベにしても一般小説にしても作品ごとに文体なんか違うし、
うまく言えないけど、少なくともラノベの文体がラノベをラノベたらしめてるわけじゃないと思う


101:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/02/14(月) 12:53:38 ID:IKfkuNRB
まだこのラノベ板に来てから10年もたってないがその間いろんなスレで「この作者以外の本って何読んでる?」「ラノベ以外何読んでる?」という話題が出た
その内容だけみるなら、ラノベと一般小説の間に差なんて無かったな
ところで海外ファンタジーや児童文学はこの場合一般に入れちゃっていいのか?


103:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/02/16(水) 04:07:42 ID:toVXrn/0
>>101
そもそも論になるが、ファンタジー小説は一般小説と言っていいんだろうかね。
児童小説は日本にも該当小説レーベルあるし、ライトノベルではないと思うぞ。

まあ、日本のラノベと児童小説に違いはあるのかって聞かれたら
オレは答えに窮するが。


104:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/02/16(水) 04:30:53 ID:RefRysKu
>>103
 児童小説は、大人が子供のために書いた小説。
 ラノベは、オタクがオタクのために書いた小説。


102:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/02/15(火) 18:41:03 ID:s/A+X76V
ラノベ以外に挙がった本がどんなのだったのか気になる


106:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/02/17(木) 04:00:31 ID:Dml7yfq1
>>102
昔こんなスレがあってな
http://unkar.org/r/magazin/1119372363


109:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/02/17(木) 21:35:56 ID:nR/lxqGK
>>106
なるほど。確かにラノベとあんまり変わらんというのもなんとなく納得だな
好きな作家というよりその時読んでた本を挙げてる人間が多いっぽいのと、
娯楽小説の括りで捉えることのできる本が多いのが原因か


120:べっちー[]:2011/03/06(日) 08:48:19.17 ID:c4u8UW8T
ラノベは
内容よりキャラを押し出しまくっているのが
ときどきあるね(ツンデレキャラと主人公の絡みばっかのとか)
それは確実にラノベ

そうではないのも結構あるけど…


121:イラストに騙された名無しさん[]:2011/03/06(日) 09:30:42.05 ID:llu3Pttf
こういうところでラノベ以外に何読んでるか聞くと、多くは名のある文豪の作品か海外の有名作答えるよね。


122:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/03/06(日) 10:10:00.32 ID:m0rHE37a
有名どころは無難だよ。
一般どころも玉石混交だから
なんの調査も無く無作為に突撃すると時間とお金の無駄
最新流行も地雷多いけどね


123:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/03/06(日) 10:58:30.25 ID:zUNpQHZl
正確には、何読んでるかじゃなくて何読んだことがあるかだろうな


126:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/03/06(日) 23:08:41.27 ID:5ifarvuv
大人相手のが、そういうのは大変だろう。
じゃなきゃ日本文壇があんな排他的なわけがない。
ラノベってのは説明をパターンで省略した媒体だから、
むしろ「ああこういうもんだよね」で済むことのが多いし。

お年寄りに関しては
小説じゃないが、水戸黄門の事件とかあるがな。


127:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/03/07(月) 20:07:45.74 ID:K3uHWB+z
>>126
>ラノベってのは説明をパターンで省略した媒体

 これは納得したわ。


207:イラストに騙された名無しさん[]:2011/07/03(日) 19:25:47.27 ID:6LPs09VF
>>126の「説明をパターンで省略した媒体」の定義がしっくりきたな

それとの関係で考えられる要素は、文章に対する意識の違いだろうね
擬音語で描写を置き換えたり、!マークを2つも3つもつけたり、
密度の薄い文が続く、なんてのはやっぱりラノベだろう
中には、お前らはしょせん絵が描けないから小説に逃げたんだろうと言いたくなる人もいる
(最近はともかく、かつては間違いなくそういう傾向があったと思う)


213:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/07/07(木) 23:28:17.65 ID:lzwfANxi
>>207
>中には、お前らはしょせん絵が描けないから小説に逃げたんだろうと言いたくなる人もいる
同意
キャラ設定も世界観の設定も描写も表現も展開も、そのまま漫画だもんな>ラノベ

最近のヒット作だと、「告白」はラノベって感じはしなかったけど、「謎解きはディナーの後で」は
まんまラノベだったな


218:イラストに騙された名無しさん[]:2011/07/08(金) 06:57:41.00 ID:0xzQZ15T
>>207みたいに絵が描けない人間がラノベ作家になる事を「逃げ」と捉える意味がわからん。


219:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/07/08(金) 08:17:10.90 ID:tg/ecOY7
>>218
実際にそうなった人はいっぱいいそうだ
逃げでもなんでもないだろ


226:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/07/08(金) 13:31:12.20 ID:azsBvG1A
>>219
ラノベ作家が「もし絵が描けたらどうするか?」って聞かれた時に
本心から「それでもラノベ作家を目指した」って答えたなら
それは逃げじゃない
でも、書けないから仕方なくラノベ作家を目指したって人がほとんど
「本当は漫画家になりたかったのに」「絵が上達するよう努力するのは面倒だ」
って人ばかり

ハルヒシリーズの修辞なんて、ほとんどがページ稼ぎとスカスカな内容を誤摩化すための
エセ格調水増し手法じゃん。まいどまいど同じパターンの表現しかしないし意味が無い


227:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/07/08(金) 14:03:28.11 ID:tg/ecOY7
>>226
たしかに正論だ
でもそれってなんかちがくね?
もちろん絵が描ければ自分の全力、つまり文章+絵である漫画で勝負するべきだけど、
絵を描く才能がないから文章だけで頑張ってるんだろ?
それともわざわざヘタクソな絵を描けと?

>スカスカな内容を誤摩化すため
ハルヒの内容はスカスカなんかじゃない。ISとかに比べたら100倍濃いわ


229:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/07/08(金) 16:55:44.44 ID:r2rCgVCP
>>226
漫画でできることをラノベにしたからスカスカになるわけではあるまい。
表現方法が違うだけで、別に逃げではないと思うけど。
ラノベは台詞以外の絵や状況は基本的に全て地の文で表さないといけないから、
決して漫画よりも短く収まる物でもないと思うし。

あと、ラノベが一人称でも書けるのに対して、漫画は基本的に第三者の立場から見た状況になってしまう。
その違いも、場合によってはかなり大きいと思うけど。


230:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/07/08(金) 17:13:27.58 ID:ME7vR50Q
>>226
その「絵がかけないからラノベ作家になった」っていうのは
一体どこのラノベ作家が言ったんだよ
現在活動してるラノベ作家の殆どがそんなこと言ってない以上
そんな言い分は単なる妄想としか言えない


234:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/07/08(金) 21:42:35.85 ID:A3gXFwPU
>>230
知らないだろうけど岡崎いずみがそれ言ってた。


あと水野良が書きはじめたのは高千穂遥の作品をよんで、
「俺でも書けるんじゃないか」と思ったからと言ってた。


220:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/07/08(金) 08:32:44.28 ID:ME7vR50Q
>>218
絵がかけないからラノベ作家になるっていうのは
2chのラノベ叩きでよく使われる詭弁のひとつ
なんの根拠もないから真面目に捉える必要はないよ


134:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/04/03(日) 18:35:58.23 ID:kJhIsEoE
想定する読者の我慢強さが違うと思う。

一般娯楽小説は、十ページくらいはじわじわ書いてる感じだけど、
ライトノベルは三ページくらいで何かしら刺激を与えないと読者が読んでくれないとか考えてそう。
だから冒頭で刺激的なことが起こる。

ずっと読者に刺激を与え続けるわけだから、登場人物も刺激的=DQNになりがち。
全てのセリフで刺激を与えるために変な語尾!
表紙で刺激与えるのが一番だから、とにかくパンチラ。


135:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/04/03(日) 20:41:14.92 ID:QRFg0fLQ
まさしく今時の安売り漫画にそのまま当てはまる話ですな
しかし、変なしゃべり方する女がいる設定は何とかならんのかね。


136:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/04/03(日) 21:26:42.93 ID:sXya4S3h
「最初の3ページが勝負」というのは
クーンツ先生も言ってるね(「ベストセラー小説の書き方」)


137:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/04/03(日) 21:35:06.41 ID:XaKmTgc+
よくできた娯楽小説の冒頭は、いきなり派手な事件は起こらなくても、
うまく謎めいた描写や先の波乱をほのめかすテクニックで読ませるけど、
ライトノベル作家には技術がないから行単位の珍妙な刺激でごまかす。
しかも前ページに渡って同じことやってるから途中で厭きてくる。
結局、全ページで刺激入れてるわりに読み終えた印象はすごく平板だったりする。


138:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/04/03(日) 22:49:46.60 ID:faP9u0Fe
一冊で完結して且つ評価の高いラノベってあるのかな


139:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/04/04(月) 22:11:38.21 ID:rNgc0XOb
 続編も番外編もなしの一冊完結って意味では、『NHKへようこそ』が最後のような気がする。 >>138


143:イラストに騙された名無しさん[sage]:2011/04/04(月) 23:37:05.79 ID:rNgc0XOb
 厳密な定義ではないけど、実際の出版情勢としては、オタクが好みそうな題材の小説がラノベで、
オタクが好みそうに無い題材の小説が一般小説って感じだな。





こういうのって自分の中でなんとなく定義してあるものではあるんですが具体的に言えといわれると中々難しかったしますよね。
なんとなく肩幅張って読まないで良いと言う物であると言うのが自分の中の思いとしてあります。
皆さん的にはどうですか?

ライトノベルを書きたい人の本
ライトノベルを書きたい人の本榎本 秋

成美堂出版 2008-09-19
売り上げランキング : 3034


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://ranobeyomimatome.blog.fc2.com/tb.php/68-f12838f2

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ゆゆゆゆっ

Author:ゆゆゆゆっ
始めたばかりですが仲良くしてやってくださいっ

色々取り扱ってますがメインの
『ライトノベルのおすすめ』
に関しては下の↓カテゴリからどうぞ。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

アクセスランキング

カウンター

アクセスランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。